〈検反サービス〉

生地を輸入して製品を製造する段階でその生地がB品とわかっても

困ってしまうと思います。生地をある程度の量以上輸入されるなり他国の製造工場に送る場合は、ぜひ検反をされて御社の基準に合格した生地を送られることをお勧めします。

 

弊社では、協力会社との提携により検反サービスをさせていただいております。検反後に結果報告レポートをお送りし、合格基準に満たない生地は良品と交換が可能です。また、少々不良部分はあっても許容範囲内である場合には、不良部分がある箇所の生地の端部分に印を付けますので、その部分だけを避けて製造することが可能です。

 

この検反サービスに関してもっと詳しくお知りになりたいお客様はお問い合わせ願います。